製品紹介

製品紹介

DHシリーズ

DHとは

DHは、各種油圧機器の作動不良の原因となる油中の水分を効果的に除去し、設備の稼動効率を高める機械です。

油中に水分を含んでいると、その水が金属表面に付着し金属を錆びさせ、錆を油中に放出することにより、触媒となって油の酸化変質を加速させてしまいます。水分があることにより、油の酸化スピードは数十倍、数百倍に加速。一般のゴミよりずっと恐ろしいものになってしまうのです。

このような問題をクリアにするために、当社では水分を分離する装置、DHを開発しました。吸水タイプ・分離タイプの2つのタイプを用意しています。

吸水タイプ[DH-1B・2B・3B]

高吸水性繊維のエレメントを使用し、自重の数倍の水分を吸収します。この機種は混入した水分が2000ppm以下のときに適用し、500ppm以下迄水分を除去します。

水分吸収前の繊維の拡大写真。

水分吸収後の繊維の拡大写真。

分離タイプ[DH(DHS)-2KS・4KS・DH-KS]

特殊な素材を使用した凝集エレメントがエマルジョンとなり水分を粗粒化。分離エレメントで水のカーテンを形成して、遊離水を沈殿・分離します。この機種は水分が2000ppm以上のときや、常時水分が混入する時に適用し、1000ppm以下まで水分を除去します。

水分分離前の写真。

分離されて沈澱する水滴の写真。

※水分分離の動画をご覧になるにはWindows Media Playerが必要です。

分離・吸水タイプ[DH(DHS)-3KSB・6KSB]

吸水タイプと分離タイプを組み合わせた機種で、凝集・分離エレメントで大部分の水分を除去するタイプです。

用途例

油中水分分離装置(DH-KS)
油の中に水分が混入してお困りではありませんか?
こんなときのお役に立つのが、クリーンテックのDH-KSです。今まではどうしようもなかった水溶性切削液の混入した油でも、DH-KSで水分を除去できます。これが出来るようになったのは、新素材を上手に組み合わせる方法を開発したからです。強固なエマルションも分解され、どんどん分離し、分離した水はセンサーが検知して自動的に排出します。

用途

  • 工作機械の油圧作動油の中に混入した水溶性切削液の除去。
  • コンプレッサーや真空ポンプの潤滑油中の水分除去。
  • ウインチ、ドレッジャ等の舶用機器の油圧作動油に混入した海水の除去。
  • スチームエンジンやタービン等の潤滑油中に混入する蒸気による水分の除去。

常時混入する水分は、たとえ微量でも、知らないあいだに多量の水分になってしまうものです。こんなときDH-KSが威力を発揮します。

仕様

適用油量 約200リットル
ポンプ流量 0.72/0.86リットル/mm(50/60Hz)
電気容量 150W,200V 50/60Hz
寸法/重量 204×285×620(L×W×H)
26.5Kg

注:油量の大きいものも製作いたしますので、弊社へご連絡下さい。粘度が60cstを超える油や、汚染物の多い油は処理が困難です。

水のいたずら

油の中に水分が混入するとこんないたずらをします。

  • 錆が発生します。
  • 油の酸化変質が促進されて、油圧機器の作動不良を引き起こします。
  • 油の潤滑能力が低下して摩耗が促進されます。

ラインナップ

DH-KS DH-1B(~6B)

No. 機種 対象油量
(W)
適用水分量 寸法
L×W×H(mm)
重量
(kg)
1 DH-1B(~6B) 2,000
(~12,000L)
<2,000ppm 535×375×940 50
2 DH-KS 400L <10% 200×300×640 27

[ 注意事項 ]

  1. 混入する水分が酸性のときは吸水能力が低下します。
  2. 粘度が68cStを超える油や、汚染物の多い油は処理が困難です。
  3. 界面活性剤入りの油は処理しにくい場合があります。
  4. 油中の水分混入量、種類によって機種が異なります。まずご相談ください。

PAGE TOP