製品紹介

製品紹介

EDCシリーズ

EDCとは

EDCは、金属・非鉄金属・有機物・無機物の種類を問わず、油に溶けない全てのゴミを除去することができます。特に油圧機器故障原因の多くを占める油の酸化変質物を除去できるのが大きな特徴です。またEDCはフィルターでは除去しにくい油の酸化変質物を除去できる唯一の浄油機でもあります。

そのEDCの原理は、油中に浮遊している汚染物が帯電することを利用し、電極により汚染物を捕捉するというものです。油の中に分散・浮遊している粒子を電気的性質で分類すると、正か負の帯電体と中性体の3種類のいずれかに分けられます。正、負の帯電体はそれぞれ反対の電極に引き寄せられ(電気泳動現象)、また、電極間にプリーツ状のコレクターを入れると電界の強い部分ができ、中性体が引き寄せられます(誘電泳動現象)。この2つの現象が同時に起こるように工夫したのがクリーンテックの静電浄油機EDCなのです。

このような仕組みによって油をきれいにすることで、ユーザーは次に示す大きなメリットを得ることができます。

  • 酸化変質物が除去され、清浄油管理が可能になります。
  • 油圧トラブルの減少、チョコ停の防止、サイクルタイムの安定、暖気運転の短縮により、生産性が向上します。
  • 油の長寿命化により、クリーンな環境の維持が可能になります。
  • 省電力を実現することにより、大幅なコストダウンがはかれます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

油中で電気泳動・誘電泳動の2つの現象を同時に起こさせるEDCの仕組みは、右図のように行われています。

ラインナップ

EDC-R3P EDC-R6P EDC-R10 EDC-R25 EDC-R50N EDC-R100N EDH-R50N

機種選定表

No. 型式 消費電力
(W)
寸法
L×W×H(mm)
重量
(kg)
1 EDC-R3P 200 245×340×530 20
2 EDC-R6P 200 360×400×530 28
3 EDC-R10 200 530×310×700 40
4 EDC-R25 300 535×350×930 57
5 EDC-R50N 500 570×530×1,060 79
6 EDC-R100N 1,000 920×550×1,070 110
7 EDH-R25(除水装置付) 300 795×400×990 93
EDH-R50N(除水装置付) 500 935×725×1,100 120
EDH-R100N(除水装置付) 700 1,160×725×1,100 150

[ 使用条件 ] エンジンオイルを除く鉱油類

  • 油温:60℃以下
  • 水分:200ppm以下 粘度:200cst以下
  • 標準電力:200V 3φ 50Hz/60Hz

※ その他有機溶剤及び難燃性合成作動油用は特別仕様となります。

※ 油量、汚染状態等によって機種が異なります。まずご相談ください。

※ 異電圧電源での製作も可能です。

PAGE TOP