製品紹介

製品紹介

KFシリーズ

KFとは

KFは、液中の異物をそれぞれの吸着性の異なる多繊維層を用いて、小さいものまで吸着除去する機械です。ろ過飽和量が大きく目詰まり周期が非常に長い上に、水溶性・不水溶剤などいずれにも使用することが可能です。

市場には水分含有の多い油や特殊な性状の為、静電浄油機での対応が困難なものがあります。そのような油に対して、このKFが活躍します。

右図のような多繊維層が、液中の異物を取り除いていきます。

用途

  • 製鉄会社の水グリコール系油圧作動油の浄化。
  • 生分解性作動油やエステル系油圧作動油の浄化。
  • ミッションオイル等のテストスタンド油の浄化。
  • 防錆油の浄化。

対象油

水グリコール、水溶性、不水溶性切削液、有機溶剤、熱媒体

特徴

  1. 液中の異物を、それぞれの吸着性の異なる多繊維層を用いて吸着除去するのが最大の特徴です。
  2. 細孔だけに頼るろ過と異なり、ろ過空間が広いので、ろ過抵抗が低く、ろ過飽和量が通常のフィルターの約十倍となり、目詰まり周期が非常に長い。
  3. 吸着ろ過であるため、ろ孔に関係なく、細かいゴミでも除去できる。
  4. ろ過繊維の選択とポンプの仕様変更により、水溶性・不水溶剤などいずれにも使用できる。

※油量の大きいものも製作いたしますので、弊社へご連絡下さい。粘度が60cstを超える油や、汚染物の多い油は処理が困難です。

ラインナップ

KF-16 KF-8

No. 機種 電源 電力
(W)
寸法
L×W×H(mm)
重量
(kg)
適用液量
(L)
1 KF-8 3相 200V 200 475×685×920 62 2,000L
2 KF-16 3相 200V 400 495×865×965 87 4,000L

PAGE TOP